大阪デリヘル CLUB BLENDA(クラブブレンダ)難波店

06-6635-1833

24時間営業[新風営法届出済店]

風俗で女の子との会話が苦手な男性におすすめな話題、会話ネタとは?

風俗で女の子との会話が苦手な男性におすすめな話題、会話ネタとは?

世の中にはデリヘルなどのいわゆる「風俗」に興味がない男性もいますが、多くの男性は「お金さえあれば」「誰にも知られることがなければ」定期的に利用したいという願望を持っているはずです。

中には「お金を払っているんだから気持ちよくしてもらって当然」というスタンスで利用する男性もいますが、そういった場合は意外と楽しめなかったりするものです。

その理由としては、女の子が機械的に接し流れ作業のような感じで対応するからです。

「こんなサービスに大金を払いたくない」と風俗通いをやめてしまった人も多いのではないでしょうか?

しかし、それは本当に風俗で働く女の子の対応のせいなのでしょうか?

実はフレンドリーに女の子に接し、楽しい空間を作る努力をするだけで、最高に気持ちの良いプレイができたりもするものです。

会話が苦手な男性であっても、話題やネタをしっかりと用意しておけば、高い確率で楽しめる空間が作れるはずです。

この記事では、そんな「風俗で女の子との会話が苦手な男性におすすめな話題、会話ネタとは?」について解説していきたいと思います。

風俗で女の子との会話が苦手な男性は意外に多い

近年では店舗型の風俗はかなり少なく、ほとんどがデリヘル(ホテルや自宅などに女の子が派遣されるシステム)となっていますが、どんなシステムであっても初めての女の子に会う時は緊張しますよね。

特に普段からコミュニケーション能力に自信がなかったり、女性慣れしていない男性からすると、頭が真っ白になるほど緊張するものです。

しかし、冒頭でも挙げた通り、女の子は1日に何人もの男性を相手にするため、どうしても事務的だったり流れ作業になりやすい傾向があります。

どんな仕事でもそうですが、人間は内容がハードであれば意識的に「省エネモード」に切り替えて体力や精神力の消耗を最小限にしようとしてしまうものです。

相手の男性があまり話し掛けてこない場合には、特に省エネモードになる女の子は多かったりします。

プロである以上、お客様である男性を楽しませなければならないというのも一理ありますが、最低限の結果(射精させる)が出せれば良いと感じてしまうのもある意味仕方のないことだと言えます。

初対面の女性と会話をするのが苦手な男性は意外に多いので、必然的に盛り上がらないプレイになってしまう可能性も高くなってしまうのです。

女の子に楽しいと思わせること=高いレベルのサービスが受けれられる可能性が上がる

嬢に楽しいと思わせることができたならば高いレベルのサービスが受けれられる
省エネモードがあるのと同じように、その逆の「やる気モード」がある女の子も実は多かったりします。

プレイ前に差し入れを貰ったり、チップを貰ったりするというのは、女の子のやる気モードを引き出す1番効率的で効果的な方法ではありますが、経済的な負担は必然的に上がってしまいます。

しかし、会話で女の子のテンションを上げることができれば、基本サービス代とホテル代以外の費用を掛けることなく質の高いサービスを受けることも十分に可能なのです。

女の子との会話の基本スタンス

風俗嬢との会話の基本スタンス
風俗で働く女の子だからといって、決して特別な会話のテクニックは必要というわけではありません。

もちろん、小さな要求を承諾してもらい段階的に大きな要求を承諾してもらう「フットインザドア」というテクニックや、選択肢を2つに絞った質問をする「ダブルバインド」といった心理テクニックを会話に応用すれば、自分の思い通りに動いてもらうこともできたりします。

しかし、そのようなテクニックを使わずとも、「笑顔」で接し「声のトーンをワントーン上げて話す」「さりげなく褒める」といった基本的なスタンスで会話をすれば機械的に扱われることはなくなるはずです。

質問してはいけない内容だけは理解しておくべき

質問してはいけない内容だけは理解しておくべき
笑顔で声のトーンを上げ、さりげなく褒めればそれですべてOKかというとそうではありません。

女の子のテンションを上げるための話題や会話ネタを用意しておいた方が、よりやる気モードに切り替えてくれる可能性が高まります。

しかし、その前に「NGな会話」だけは覚えておくようにしましょう。

それは、「質問の内容」です。

本名や住んでいる場所、連絡先などのプライバシーを侵害するような質問

プレイを楽しむのに本名や住んでいる場所は全く必要ありません。

こういった質問をされると、ストーカーのリスクなどを頭の中で思い浮かべてしまうので、確実にプレイも消極的になってしまいます。

「なんでこんな仕事してるの?」というように、風俗嬢としての仕事を蔑むような質問

風俗も立派な職業の1つですし、それこそプライドを持っている女性も多かったりします。

こういった質問は、一気に女の子のテンションが下がってしまうので避けた方が良いと言えるでしょう。

「いくら稼いでるの?」といったお金に関する質問

男性からすると、「風俗で働く女の子=稼げる」というイメージが強いので、興味本位で聞いてしまう人も多かったりします。

しかし、どんな仕事でもお金に関する質問はNGであり、それは風俗であっても同じことが言えます。

女の子とのおすすめの会話ネタ

風俗嬢とのおすすめの会話ネタ
前述したNG系の質問に注意しながらも、笑顔で女の子との会話を楽しんでいきましょう。

そうすることで徐々に女の子のテンションも上がり、「もっと気持ちよくなってもらいたいな(リピーターになってほしい)」という感情が芽生えていくのです。

会社や家庭の愚痴

基本的に愚痴はあまり相手に良い印象を与えませんが、あまりしゃべらない女の子に質問ばかりしてもウザがられてしまうので、「聞いてよ」と切り出し会社や家庭の愚痴をこぼしてみるのもありです。

「それは大変でしたね」と共感してくれたら、「話を聞いてくれて凄く気持ちが楽になったよ」と笑顔で返せば女の子も良い気分になるはずです。

そういったやり取りをして2人の会話がある程度温まってから「○○ちゃんは最近どう?」と言うように質問をしてみると、「私も~」というように話が膨らんでいくことも多かったりします。

もちろん、その話に対して「その気持ち凄いわかる」「まじかー、それはつらいね」というように共感してあげることを忘れないようにしましょう。

天気(気温)のネタから会話を膨らませる

天気ネタというと、それ単体ではそれほど意味をなさない(むしろそれで終わってしまうと会話下手だと思われてしまう)のですが、それをきっかけとして会話を膨らましていくにはちょうど良かったりします。

「今日凄い雨だね。ホテルの入り口入るまで濡れなかった?」

「今日めちゃくちゃ暑いね。クーラー効かせておいたよ」

こういった会話から、「送迎は待機場所の前までちゃんと来てくれるの?」とか、「待機場所は快適に過ごせるの?」というように話を膨らませることができたりします。

女の子のプロフィールに載っている話題

風俗店のホームページには、各風俗サイトの女の子プロフィールや写真が必ず掲載されています。

そのプロフィールには、「〇〇というアーティストが好き」や「趣味は買い物」「ネトフリ鑑賞」「ネイル」というように、自分の趣味が載っていたりします。

そういった事前に入手できる情報は有効に活用すべきです。

「アーティストの〇〇が好きって書いてあったけどよくライブとか行くの?」「ネトフリ鑑賞いいよね。どんなジャンルを観るの?」というように、このネタだけでかなり会話のキャッチボールができるはずです。

もしもそのネタに関して自分にも知識があるようならば、一気に仲良くなることも可能だったりします。

まとめ

まとめ
今回は、「風俗で女の子との会話が苦手な男性におすすめな話題、会話ネタとは?」について解説してきました。

・会社や家庭の愚痴

・天気(気温)のネタから会話を膨らませる

・女の子のプロフィールに載っている話題

女の子との会話が盛り上がれば、やる気モードになる可能性が高く、気持ちよくなれるものです。

質問のし過ぎやNG質問などには気を付けながら、ぜひ楽しい空間を作っていきましょう。

クラブブレンダの特徴

クラブブレンダの特徴
関西を中心とした有数の風俗グループで、AV女優も在籍する高級デリヘルです。
「お客様第一」をモットーに高嶺の花の”夜の蝶”と特別な一夜を演出させていただきます。

在籍するコンパニオンは容姿はもちろん、スタイルや接客、内面も美しい女性のみ採用し在籍しております。

今回のコラムの「風俗で女の子との会話が苦手な男性におすすめな話題、会話ネタとは?」でもあるようにお客様自身それぞれにお悩みもあるかと存じます。
クラブブレンダではお客様にご負担をかけることなく、安心して遊んでいただける女の子ばかり在籍しておりますので安心してご利用ください。

その他このような記事も読まれています:

風俗のプレイでやってはいけない行為【6選】

【デリヘル初心者必見】デリヘルの呼び方とは?利用する際の注意点も解説!

早朝風俗を利用するメリットと注意点とは

コラム一覧へ